博物系ショップ「ダーウィンルーム」に行ってきた!

2018/04/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

東京編第二弾です。

26日の東京2日目は、お昼を東京、世田谷のダーウィンルームで過ごしました。

ある方のブログを見てこちらを知ることができ、そして、今回は、

博物系アンティークのイベント「博物蒐集家の応接間」のイベントと、こちらのダーウィンルームがメインで行きたかったところです。

ということで、感想やらお店の様子やらをできるかぎり書いていきたいと思います。

ただし、とあるお店側の事情で、写真を使った説明はできませんので、なにとぞご了承ください。

ダーウィンルームとは

ダーウィンルームは、教養の再生= The Renaissance of Liberal Artsをコンセプトに、店内所狭しと、博物系の標本やオリジナルグッズや剥製、昆虫の生体などを見ることが出来る、ショップ兼カフェです。また、店内には数多くの知的好奇心を刺激する本が陳列され、これらは一部は購入することもできる。

著者独自まとめ

お店と形態としては、ショップ兼カフェといったような感じでした。

また、時々、学者や有識者の方を招いて講演会もされているそうです。

ダーウィンルームのコンセプト

教 養 の 再 生 = The Renaissance of Liberal Arts

現在の日本社会では、科学的な知識や技術・教育の専門化が進めば進むほど、その専門の境界を越えて動くことのできる、自由で柔軟な精神としての「教養」が必要だと考えます。

ダーウィンルーム公式HP「理念」より

ダーウィンルームのコンセプトはずばり、「教養の再生」であります。

それは、科学や技術が発達した現在においては、それぞれの分野が細分化、専門化され、学際的な領域がなくなってきています。

そんななか、ダーウィンルームはあえて、そのどの分野にも共通するリベラルアーツの重要性を再確認することで、

未来の科学の行先をより明るいものにしようとする活動をされています。

私たちの挑戦は、21世紀の日本社会で、いわゆる平均的な人間が、性別を問わず、いかに自らを自由人として育成できるのかということです。

ダーウィンルーム公式HP「理念」より

現代においては、平均的な人間を育成することが目的とされているような感があります。

ダーウィンルームはそれを踏まえたうえで、そのうえで、個々人がどのように制限された個人の能力内で自由に生きていくことが出来るのか

”挑戦”しているということだそうです。

ダーウィンルームの命名

WikiImages / Pixabay

ショップ名は、自らがビーグル号に乗って探検旅行に出かけ、そこから持ち帰った大量の標本や知見をもとに、その時代の常識にとらわれず自由に理論的考察を展開したチャールズ・ダーウィンの研究スタイルをイメージの象徴として 「Darwin Room 」としました。

ダーウィンルーム公式HP「理念」より

お店の名前は知る人ぞ知る19世紀の大博物学者チャールズ・ダーウィンをもとに命名したようです。

当時の生物観や地学観はキリスト教によるノアの方舟の影響を受けたものでした。

そんな中、ダーウィンは世界の博物航海によって、フィンチやゾウガメなど数多くの進化の「証拠」を見つけ、生物進化の証拠を発見しました。

お店の様子

ダーウィンやファーブル、牧野富太郎、寺田寅彦などの学術書や伝記が所狭しと置かれたり、販売されています。

そのほかにも、剥製や標本や、昆虫やカエルなどの生体も展示されています。

コーヒーを注文しましたが、普通のコーヒー店のコーヒーとは香りが違って、とてもおいしかったです。

このドリンクを飲みながら、本を見たり、顕微鏡を見たりすることが出来ます。

icon-exclamation-triangle 注意

くれぐれも飲み物を商品や本などにこぼさないように十分気を付けましょう。

 

感想

ややこじんまりとしたお店でしたが、東京の都会の喧騒から一度身を遠ざけることが出来る貴重な場所です。

また、おいしいコーヒーを飲みながら、たくさんの本や博物系のグッズに囲まれながらくつろぐことが出来ます。

東京でもこんな場所はかなり珍しいと思います。

また、本の選別もとてもセンスが良く、たくさんの有益な情報を得られること間違いなしです。

また、有識者の方の講演会も見に行きたいなと思いました。

コンセプトがしっかりされているだけに、お店の雰囲気も統一感があって、素晴らしいと思いました。

また、ぜひ行きたいです!

アクセス

住  所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-31-8
電話 & FAX : 03-6805-2638
営業時間:12:00 – 20:00
     金・土のみ 12:00 – 22:00
休業について:正月休みと臨時休みが有りますので「お知らせ」をご確認ください。

ダーウィンルーム公式HP「アクセス」

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私設博物学研究所 , 2018 All Rights Reserved.