簡単な標本の作り方

2018/03/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

簡単な標本の作り方

今回は、貝殻や化石などを使って、巷で流行っているハーバリウムみたいな簡単な標本をつくろうと思います。

でも、液体には浸しません。

用意するもの

  • 標本
  • 綿(100均:ダイソーなど)
  • 蓋付きガラスビン(100均一:セリア)
  • A-oneのフィルムラベルシール(パソコンで印刷できる透明なシール:アマゾンで用意できる。

アマゾンのA-one検索サイトはこちらから https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=a-one+%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB

 

作り方

  1. まず、石や貝殻などに合った大きさと形の蓋付きガラスケースを100均で買ってくる。近くに100均がない人は、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリで見つけてください。
  2. 綿を100均で買ってくる。だいたい20cm×20cmで売っています。
  3. マイクソソフトのワードやエクセルを使って、上の画像みたいなおしゃれ?なラベルをつくる。
  4. A-oneのラベルシールに印刷する。印刷する面や向きを間違えないように。
  5. 角がおれないように張り付ける。
  6. 本体を綿にくるんで入れて、表面の見えるところに本体の向きを合わせる。

 

完成したら

完成後は、濃いウッド調の棚などに飾るときれいに映えるかもしれません。

みなさんのお気に入りの標本も紹介していただけると非常に光栄です。

ありがとうございました

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私設博物学研究所 , 2018 All Rights Reserved.