前のブログの反省

2018/03/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

いきなりですが、私の前のブログはサイバーエージェントのアメーバブログ(通称:アメブロ)で2016年8月12日から2017年9月21日までの約1年1か月やっていました。

 

 

前の「アメブロ」時代のブログ(2016.8.12~2017.9.21)について

 

最初のうちはオリジナリティーのある好きなことを記事に書こうと思い、当時は、大学時代や高校の時に買った趣味や専門の本がたくさんあったので、

1日のうち多い時は6個記事を書いたこともありました。

最初のうちは、アイキャッチ画像にも凝っていて、(レベルは低いですが)、アプリで自分で作ったり、写メせずに、

プリントスクリーンで画像を整形してつくったりして、記事の内容も画像をふんだんに使ったものでした。

しかし、マイナー分野の専門記事だし、専門的にものすごい詳しいわけでもなく、一般受けするわけでもない私の記事は、アメブロというシステムの中では、

記事を量産して、アメンバー?だったかな?要するに友達申請をしまくって、読者になるボタンを押しまくって稼いでいました。

アメブロやヤフーブログ、はてなブログなどでは、最近知ったのですが、

完全なオウウンドメディアではなく、いわゆるペイドメディアと呼ばれるものらしく、

最悪の場合、著作権や悪質な記事、誹謗中傷などを書けば、運営元(サーバー元?)によって削除されたり、アカウントを消さりたりするらしく、

そういうことはなかったにせよ、最後の方は26記事とか(2017年9月17日)量産していました。

このポイントはw、ひたすらネットサーフィンして気になる記事をコピペしただけで、オリジナルの記事が一切ないというもので、

今思うと非常にお粗末なものでした。

しかし、アメブロの場合、こんな記事でも、最悪の結果(記事が消さりたり、アカウントが削除されたり)することなく、

残っていましたし、最後の記事はこれもネットをコピペしただけでしたが、54ものいいね!を頂きていました。

(まあ、これ以降ずっと2018年2月16日まで更新していなかったので、フロントページがこれだった事にもよると思われますが・・・)

まあ、要するにお粗末なものでした。

 

抱負

 

この現状を踏まえて、次からのブログは最悪でも、引用はあるにせよ、オリジナルの記事を書いていきたいなと思います。

気を付ける点は次の4点です。

オリジナルの記事を書くことに心がけること

アイキャッチ画像は著作権を侵さないこと

できるだけ画像を多用すること

一日に質の高い文章、記事を4~6個更新すること。

これを当面の目標としてぼちぼち頑張ってきたいなと思います。

 

記事の移動について

 

まずはオリジナルのブログを書く事。

 

今の自分の趣味やマイブームにのっとった(沿った)長続きするような内容を書く事。

そして、最近はユーチューブもやっていましたが、こちらも時間がたつにつれ、動画の量産体制に入っていきw、

大量のニュースのテキストなどをコピペしていました。

まあ、なんとなくこれでわかったと思いますが、僕は、手をかけても一定の成果を得られないときは、楽しようとするということでした。

まあ、それは置いといて、ちゃんとしたコピー&ペーストをしたいと思います。

なにかというと、自分の前のブログをコピペして、新しいブログに貼り付けることです。

これなら何も文句はないと思いますし、

いうんだとすれば、前の自分に著作権を借りているだけなので(犯しているだけなので・・)

まあ、哲学みたいな話ですが、自分は同一人物なので、いいと思いますね。

はい。

ということで、当面、記事を毎日6記事書くことを目標にして

ある程度の量を保ちつつ、質を高めていって(オリジナルの記事を書き)

同時にブログの固定ページなどのカスタマイズもしていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

最後に、

 

前のブログにも、「最後の記事」を書き込み、一定時間は記事を公開しておこうと思います。

それで、こちらのワードプレスサイトがSEOで上位に挙がってきたら、

アメブロを廃止したいと考えております。

また、最後の記事というのは、あいさつを兼ねて、こちらのブログに来てもらうような誘導をするつもりです。

前のブログを拝読してくださっている方、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

追伸。

 

ワードプレスにも、ブログ友達ができて、

お互いに質を高めあえるような場が持てたらいいなと思います。

なにとぞ、「博物学」のような難しいテーマのサイト/ブログですが、

よろしくお願いいたします。

 

前のブログに書いた『プロフィール』

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
兵庫県の片田舎に住む20代男性。博物系のアンティークや昔の博物図鑑、古いラムネ瓶やサメの歯の化石が好き。どうぞ末永くよろしくお願いします。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私設博物学研究所 , 2018 All Rights Reserved.